新鉄労組 | JR東日本新鉄道労働組合

旧来の労働組合のイメージから脱却し、社会情勢を見据え真摯に向き合う組合づくりを目指しています。

サブイメージ

ホーム ≫ 新鉄労組とは ≫

新鉄労組とは

委員長挨拶

イメージ

平成30年3月20日に結成をしました「JR東日本新鉄道労働組合」(略称・新鉄労組)です。
私たちの働く「JR東日本」は1978年4月1日に国鉄から純民間会社をめざして発足をしました。会社は会社として、労働組合は労働組合として、一つの目標に向かい、労使で現在の発展を創りあげてきました。
しかし、今私たちは新たなる労使関係の構築、社業の更なる発展と労働組合の飛躍を掲げ、JR東日本新鉄道労働組合の結成に至りました。

国鉄改革の原点は、会社の自主自立経営による持続的な成長をもって社員・家族の幸福を実現していくことです。そのためには、少子高齢化社会による労働人口の減少といった社会情勢を意識しつつ、会社の生産性向上に向き合った議論をすべきであるといえます。私たちは労働組合の必要性を十分理解しており、労働者は団結してこそ本来の力を発揮するものであることを知っています。また、労働組合はそのチェック機能があるからこそ有用であり、まさに本来の車の両輪として機能するものでなければなりません。そのためには、会社経営や労働環境の中で課題・問題が発生することがあれば、労使の話し合いによって平和裡に解決していくことを信義として誠実に守ることが大切です。様々な社員が集まり多様性を認め合いながら、答えは一つではなくあらゆる角度からベストではなくともベターな選択ができることが持続的に活動を進化させ、骨太な組織風土を創っていけるのです。

生まれたての労働組合です。JR東日本とJR東日本グループで働く皆さん。自らの意志で結集し、今後の30年を熱く語り合いましょう。

 

JR東日本新鉄道労働組合

執行委員長   杉本 洋

組合綱領

JR東日本新鉄道労働組合綱領

 

  1. 私たちは、人間の尊重と社会正義を基軸に、自由にして民主的な労働組合の構築を成し遂げます。
  2. 私たちは、労使の信頼関係に立脚して、JR東日本グループの健全な成長発展が雇用の安定と労働諸条件の向上につながることを前提に、積極的に必要な効率化を推進し、公正な成果配分を獲得していきます。
  3. 私たちは、公正・透明な組合民主主義に徹し、労働者の団結と組織の一体性を堅持するため、いかなる外部からの支配・介入を許しません。
  4. 私たちは、組織の健全な発展に向け、組合員相互の信頼と協力によって団結を強め、平和と民主主義を守り、自由・平等・公正で平和な社会の実現に努めます。

組合理念

 

  1. JR東日本グループに働くすべての労働者の雇用の安定と生活の向上をはかります。
  2. 新鉄労組発足の精神に立脚し、JR東日本グループの成長・発展に寄与します。
  3. 労働者の地位の向上をはかり、平和で公正な福祉社会の実現に貢献します。

お問い合わせ

モバイルサイト

JR東日本新鉄道労働組合スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら