新鉄労組 | JR東日本新鉄道労働組合

旧来の労働組合のイメージから脱却し、社会情勢を見据え真摯に向き合う組合づくりを目指しています。

ホーム活動内容 ≫ 申1号「第1回本部臨時大会での発言に基づく申し入れ」を... ≫

申1号「第1回本部臨時大会での発言に基づく申し入れ」を行いました

2月23日に開催いたしました「新鉄労組本部 第1回本部臨時大会」にて発言された内容に基づき、新鉄労組は3月6日に下記の4項目について本社へ申し入れを行いました。


 

申1号「新鉄労組本部 第1回本部臨時大会での発言に基づく申し入れ」

 
1.エルダー社員制度において、その運営上で出されている問題点について、その解決策を明らかにすること。
 1)本来の目的である技術技能継承の実態について。
 2)制度上、前年度の2月もしくは3月に一度、出向箇所について提示するとあるが、提示をされない実態について。

2.育児・介護勤務制度において、育児介護勤務Aは子が3歳に達する日の属する月の末日までから、子が小学校に就学するまでに延長すること。

3.変革2027における「車両メンテナンスのブラッシュアップ」について、来年度初からかかわる施策について明らかにし、早急に社員説明を行うこと。

4.少子高齢化・生産年齢人口の減少に伴う対策として、定年延長の検討を行うこと。
 
以  上
2019年03月08日 20:27

サイドメニュー

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2019 (7)

モバイルサイト

JR東日本新鉄道労働組合スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら